第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会


【日時】2021年10月31日(日)12時10分スタート

【場所】宮城県仙台市


 昨年に続き今年も無観客の中、全日本大学女子駅伝大会(通称「杜の都女子駅伝」)が宮城県仙台市を舞台に開催されました。

 1区の吉村選手(3年生)は、転倒のアクシデントがありましたが、粘りの走りでトップと28秒差の11位でタスキを繋げました。2区の四元選手(1年生)は区間5位の走りで順位を3つ上げ、3区の鈴木(日)選手(1年生)は7位に順位を上げ、4区の藤原選手(1年生)は区間3位の走りで順位を5位に上げて、最上級生の鈴木(優)選手(4年生)に繋げました。エースが集う5区は、鈴木選手が区間新の素晴らしい走りで2位に浮上、最終6区の山賀選手(3年生)は安定した走りを見せ、結果、悲願の初優勝とはなりませんでしたが、5年連続、堂々の準優勝となりました。

 私たち青桐会は現地での応援は叶いませんでしたが、来年こそは、杜の都仙台で力いっぱい応援し、初優勝の瞬間を皆さんと分かち合いたいと思います。

記事一覧
アーカイブ