記事一覧

ラグビー関東大学リーグ戦・東海大学戦応援

12 - 5 で勝利

低気圧の通過により風雨が強まる中、2017年ラグビー関東大学リーグ戦の第6戦は、ここまで5戦全勝同士での優勝を賭けた大一番となりました。対戦相手の東海大学は、今シーズンは53トライで345得点(大東文化大学は34トライ、214得点)と圧倒的な強さで勝ち続けており、また、この10年でリーグ優勝7回を誇る強豪チーム。 試合は立ち上がりから東海大にボールを支配されるも、大東文化大学は低く前へ出るタックルで応戦!膠着状態が続く状況で、一瞬のスキを突いたようにウイングの土橋選手(3年)が抜け出し、左中間に先制トライ!大矢選手のコンバージョンも決まった!徐々に大東文化大学のスクラムが優位に展開する中、ラインアウトのこぼれ球をフランカーの河野主将の鋭い突進で右中間にトライ! その後の東海大の反撃を1トライに抑え、長いロスタイムの最後10分は、自陣ゴール前で必死に防戦を繰り広げ、待ちに待った歓喜のノーサイドのホイッスル!!! モスグリーンのジャージ復活を告げる22年振りのリーグ優勝!奇しくも、22年前の1995年優勝チームのフランカーは炎のタックラー青柳監督!その1995年に河野主将は誕生しました。 次週の中央大戦に勝って、リーグ優勝を決定し、来月の大学選手権を勝ち進むことを期待しています!忙しい、お正月になりそう、、、!

アーカイブ