2021全日本大学女子選抜駅伝競走(富士山女子駅伝)

【日 時】 2022年12月30日(木)10:00スタート 【場 所】 静岡県富士宮市 【結 果】 総合2位 9回目を迎えた大会に9年連続で出場を果たした今年も、コロナ感染拡大対策として沿道及びスタート・ゴール地点の競技場内での応援自粛となり、テレビ等メディアを通じての応援となりました。 年末の風物詩とも言える当大会で、結果は出場24チームの中、総合タイム2時間25分22秒、順位は4年連続2位という輝かしい結果でした。 強豪の名城大学への挑戦はもとより、ラストランとなる鈴木優花キャプテンのエース5区の走り、藤原・四元・鈴木・蟹江1年生4名の当大会初の走り、怪我で欠場の吉村選手の1区代役の今井選手の走り、そして厳しい上りが続く最難関7区アンカー山賀選手の走りとスタートからゴールまで注目が絶えず、目が離せない見どころ満載の大会でした。鈴木優花キャプテンの区間新、10人抜きの快走と脚光を浴びる不破選手との接戦には大変感動的でした。 「日本一の笑顔で頂点へ」。大東ライトグリーンが輝いた本大会も、爽やかでまた我々に勇気を与えてくれたチーム、監督及び関係者の方々には感謝申し上げます。

記事一覧
アーカイブ